7月のワイン教室で1番目にテイスティングしたワイン。

アロガント フロッグ ソーヴィニヨン・ブラン

アロガント フロッグ ソーヴィニヨン・ブラン

アロガント フロッグ ソーヴィニヨン・ブラン

 

南仏で一番多種多様なワインを作っているジャン・クロード・マスの質の良い”地酒”「アロガント・フロッグ」を直訳すると傲慢なカエル。

その意味はかなり辛口でフランスワインの造り手達をさし(自分も含めて)フランスワインの名声と伝統にあぐらをかきオレサマが一番!とふんぞり返っている間にニューワールドのワインに遅れをとってしまったじゃねぇかぁ。

ぼーっと生きてんじゃねぇ~と、自戒を込めてアロガント・フロッグと名打って2004年に発売。以来世界中から大絶賛。現在35カ国に輸出。南仏トップブランドになったカエル様です。

アロガント フロッグ ソーヴィニヨン・ブラン

アロガント フロッグ ソーヴィニヨン・ブラン

【マダム櫻子のテイスティングコメント】

レモンとかグレープフルーツなど、清涼感のある香りが豊かで、フライにレモンがなければこのワインをちょいっとかけてもオッケーです。夏のソーヴィニヨン・ブラン最高です!🍷

【参加者TOさんのテイスティングコメント】
ソーヴィニヨン・ブラン独特の香りに酸味と苦味が爽やかでグレープフルーツのような余韻を楽しめます。
南仏トップブランドになったカエル紳士