メドックでも特に最高の立地とされる、ジロンド河のすぐ側に位置するシャトーの一つ。

かつては、同じサン・テステフに位置する人気シャトー、カロン・セギュールの領地の一部だったこの土地は、春になると丘一面にヒースの花が咲き乱れピンク色に染まっていたことから、”バラ色の山”(=モン・ローズ)と呼ばれるようになり、それがシャトーの名前となりました。

ワインの特徴は「力強く長期熟成に向く」重厚な造り。一時期(1970年代後半~1980年代前半)軽いスタイルに変わったことはあったものの、80年代後半以降は常に「サン・テステフのラトゥール」と呼ばれるほど濃厚で力強い長期熟成型のワインを造り、愛好家たちの心をつかんできました。

そのクオリティに関しては、ロバート・パーカー氏も 「格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。」 (『ボルドー第四版』より)と賞賛するほど。

ヴィンテージに左右されない安定感と重厚なスタイルが昔風のクラレット(ボルドーワイン)ということで、特にボルドーワイン好きとして名高いイギリス人からの評価が高いシャトーとして知られています。

容量  750ml.
生産国(地方)  フランス・ボルドー サンテステフ
ヴィンテージ  1994
ぶどう品種  カベルネ・ソーヴィニヨン65%
メルロー25%
カベルネ・フラン10%
タイプ  フルボディ
生産者 シャルモリュ家

この商品のご購入はヤフーショップへ